ペット保険に加入する|万が一に備えておく

ペットの最期を看取る

お墓

ペット専用のお葬式

ペットを飼う人の数は年々増加傾向にあり、特に犬や猫については、家に何匹も飼うという人もいます。それは、昔と比べて日本に経済的な余裕ができてきたということと、少子化が進んでいることや不妊症が多くなっていることによって、夫婦だけの暮らしをしていることが増えていることが背景にあります。夫婦だけの生活に何か楽しいこと、癒しとなるものを求めて人はペットを飼います。しかし、ペットも生き物ですので、もちろん最期を迎えます。そのような時に利用されるのがペット葬儀です。ペット葬儀と一口でいっても様々なものがあります。近年になってから、その内容も消費者のニーズに合わせて増えてきていると言っても過言ではありません。

葬儀の種類と傾向

ペット葬儀は今や珍しくはありません。ペットを家族として迎え入れている家族が増えている現代では、人と同じように葬儀を行いますし、それと同時に葬儀プランも広がりを見せているのです。例えば、火葬だけを行うというスタイルのものがあります。人間と同じようにペットを火葬し、そのお骨を骨壷におさめるというものです。ペットの魂を成仏させてあげたいという飼い主が多く選びます。家族との最期の時間をゆっくりと過ごしたいという願いを叶えるために、別れの時間を長くとるということもその工夫の1つです。ペット葬儀をすることによって、家族を失った悲しみを少しでも楽しかった思い出に変えられるような工夫がなされているのです。今後もペット葬儀はペットの種類の多様化に伴って、より充実していくと考えられています。