テーマの傾向を知って練習しよう【小論文の対策】

テーマの傾向を知って練習しよう【小論文の対策】

作文用紙

大学の試験内容

大学やそれに相当する高等教育機関の受験では、小論文が出題されることが多いです。しかも高校受験よりもはるかに文字数も多く、考え方も試されるので、受験の前に対策をしておいたほうがいいでしょう。

教材を持つ人

専攻によって違う

小論文のテーマは受験する学校や専攻によって異なります。多くが専攻に関連するテーマが出題されるので予想しやすいです。しかし、看護大学や専門学校の出題傾向を見てみると、必ずしも看護に関することだけがテーマとなるわけではないことが分かります。このように、専攻や学校によって異なりますし、年によっても異なるので、早めに小論対策をしておいたほうが準備はしやすいです。

原稿用紙

テーマのパターンを読む

「今までの人生で一番影響された人について」や、「課題文を読んでの自分の考えを書け」などと、テーマはそれぞれですが、パターンを分けることができます。
1、何かに対する考えを書く
2、何かに対して肯定か否定か論ずる
3、何かと何かの考えを関連させて書く
以上のパターンの練習をしておけば、どんなパターンがきても慌てることはありません。

婦人

構成を知っておくと書きやすい

限られた試験の中で十分に意見を述べるためには、文章構成をある程度決めておいた方がやりやすいです。3か4の段落に分け、テーマに対する結論を最初の段落で述べるのが最もポピュラーなやり方だといえます。

どう違う?小論文とエッセイ

小論文

論文ですから、テーマに対する答えを最初に明確にすることが大切です。主張に対する正しさをその後に続けるため、結論の根拠を示す必要があります。そのため書き方は理論的なものになります。

エッセイ

思ったことを連ねるため、今結論を出していなくても良いのがエッセイの特徴です。テーマがはっきりしていなくても良いといわれています。そのため主観的な書き方になります。

広告募集中